人気ブログランキング |

「めだか」2019年3月号

情報館通信「めだか」3月号の特集は「ツクシが顔を出したよ」。
春の訪れを告げるツクシの正体や、ツクシを使った遊びをご紹介します。
詳しくは「めだか」をご覧ください!

f0361087_16145498.png


















f0361087_16145951.png



























by jyohokan | 2019-02-28 16:17 | めだか

にょろにょろ


少しずつ日差しが暖かくなってきましたね。
自然園では先週の土曜日、アズマヒキガエルたちの"蛙合戦"がピークを迎えました。
その数はなんと133匹!

f0361087_14455311.jpg

このように、あちらこちらでオスたちがメスを求め争う姿も見られました。
どの脚がどのカエルなのか・・・数えるのが大変です。

f0361087_14460523.jpg

そしてこちらは、仲良く泳ぐペアのカエルたち。
その下をよく見てみると、細長くてにょろにょろしたものがたくさん・・
実はこれ、アズマヒキガエルの卵です!

f0361087_15301452.jpg

ゼリー状の管の中に、いくつもの卵が入っています。
1匹のメスが産む卵の数は、約1000~8000個!
よくお腹の中におさまっていたなぁと感心してしまいます。

卵が見られるのはオタマジャクシが産まれるまでの約1ヶ月間だけなので
ぜひ観察にお越しくださいね。
お待ちしております♪

(沖田)

by jyohokan | 2019-02-26 16:00


フクジュソウの咲く季節に合わせてなのか、毎年ほぼ同じ時期にアズマヒキガエルが産卵のため自然園の池にやってきます。今年は2月19日に一番乗りが現れ、21日には55匹確認。
ガイド時にもたくさんのカエルたちが見られました。繁殖時期はほぼ1週間。今が見ごろです!

f0361087_16050415.jpg

ちなみに、下の大きいほうが雌で、上から抱きついている小さい方が雄です。

(高橋)

by jyohokan | 2019-02-21 16:21

フクジュソウ開花

f0361087_15000214.jpg
昨日までの蕾がついに開花しました!
自然園ではフクジュソウの開花時期に合わせて、ガイドを実施しています。

①10:30~ ②11:00~ ③11:30~ ④13:30~(各20分)

※フクジュソウの咲く自然園は、定時のガイドの際のみ、見学が可能です。
※教室、講座等の実施に伴い閉館していることがあります。
 直近の開館スケジュールにつきましては、下記ホームページをご覧ください。
http://www.city.kita.tokyo.jp/kankyo/bunka/gakushu/shisetsu/fureai.html

(高橋)

by jyohokan | 2019-02-14 15:12

いい湯だな~


今日の午後の出来事。
お客さんと自然園のシジュウカラを観察していたところ
突然、目の前の木にタカが!

f0361087_17332901.jpg


慌ててカメラを持って行くと
田んぼに下りて水浴びをしていました!

やって来たのはタカの仲間の"ツミ"です。
大きさはハトと同じくらいと小さめですが、主に小鳥を捕えて食べる立派なハンターです。
オレンジ色の瞳が美しいですね。

しばらくの間、何度も体を水に浸けて念入りに浴びていました。
冷たくないのかな?と少し心配になってしまいます。

f0361087_14414817.jpg


浴び終えると、近くの木にとまり体をぷるぷる・・・
さっぱりしたようです。

ぜひまた自然園の"お風呂"に入りに来てほしいですね。

(沖田)



by jyohokan | 2019-02-13 16:15

ふくらむ蕾


一度春の陽気になったかと思えば、近頃はまた一段と寒い日が続いているので
なんだか春が遠のいてしまったような気分です。

しかしそんな中、自然園では春の足音が・・

f0361087_14413590.jpg

フクジュソウの蕾がだいぶ大きくなってきました。

例年では2月下旬ごろ見頃を迎えます。
昨年は2月14日に開花を確認したのですが、今年はもうしばらくかかりそうです。

開花が確認でき次第、またご報告します♪

(沖田)

by jyohokan | 2019-02-13 15:08

一足お先に。


 まだまだ寒い中、清水坂公園では一足早くヤエカンコウという、八重咲きの梅が満開です。見上げると寒空にピンクの花が鮮やかです。

f0361087_14593485.jpg

(高橋)


by jyohokan | 2019-02-06 15:08

寒い冬こそ・・

寒い冬は外の出るのが億劫になりがちですが、そんな冬にこそおすすめなのが野鳥観察!

なぜかというと、冬を越すために北国や山の上から移動してくる野鳥がいるので
他の季節より多くの種類の野鳥を見ることができるのです。
その代表がカモの仲間たち。

f0361087_12105626.jpg


こちらは、オナガガモ。
他の種類のカモたちよりも長い尾羽がチャームポイント。
つぶらな瞳もかわいらしいですね。

f0361087_12232398.jpg


そしてこちらは、ヒドリガモ。
頭の朱色の羽がとてもきれいです。

また、すぐに飛んでしまう小鳥に比べ、カモはじっくりと観察することができるので
初心者の方の観察にもおすすめです。

2月24日のイベント「鳥たちの冬の暮らし拝見!」では、
浮間公園でカモをはじめ、かわいい野鳥たちを観察します!

■日時:2月24日(日)9:30~11:30
■場所:浮間公園
■対象:北区在住、在勤、在学の小学生以上の方(小学3年生以下は保護者同伴)
■定員:20名(応募多数の場合は抽選となります)
■申込締切:2月14日(木)
■申込方法:①参加者全員の氏名と年齢、②住所、③電話番号をご記入の上、Eメール(jyohokan@eco-plan.jp
      または往復はがきを自然ふれあい情報館にお送りください。

ご応募お待ちしております♪


by jyohokan | 2019-02-06 12:44

「めだか」2019年2月号

情報館通信「めだか」2月号の特集は「冬芽コレクション」。
冬芽には、樹木たちが冬を乗り越えるための工夫がつまっています。
清水坂公園周辺の様々な冬芽の楽しみ方をご紹介します。
詳しくは「めだか」をご覧ください!

f0361087_10380875.png


















f0361087_10380754.png

by jyohokan | 2019-02-01 10:40 | めだか