8月5日(日)に、自然教室「水辺の生きもの探検隊」が行われました。

天候には恵まれたのですが、気温もかなり高く、外でじっとしていても汗をかいてしまうほどでした。


まずは、これから生きものを捕まえる自然園がどのような場所なのか、
参加者のみなさんと歩きながら、一緒に生きものを探しました。

f0361087_12550928.jpg

橋からもザリガニやメダカの姿が見えました。

道具の使い方や生きものを捕まえるための作戦の話をしたあとは、いよいよ採集タイム。
とんぼ池とたんぼ・小川に分かれ、途中で交代し生きものを捕まえました。

f0361087_12554214.jpg


f0361087_12552627.jpg


子どもたちも大人のみなさんも、一生懸命。
ザリガニ、メダカ、ヌカエビなどの生きものを、たくさん捕まえていました!

f0361087_12555096.jpg

最後に捕まえた生きものを観察しながら、メダカやドジョウのシルエットを描いたワークシートに、目や口、ヒレなどを描きこんでもらいました。
子どもたちはとっても真剣なまなざしで生きものを観察してくれていて、その姿に私も感動でした!

自然園の水辺の生きものは、普段の自然園ガイドでも観察することができます。
情報館へお越しの際には、ぜひご参加ください。


(沖田)

[PR]
by jyohokan | 2018-08-19 19:02


7月29日(日)に、自然教室「真夏のナイトウォッチング」を行いました。

台風の影響で1日延期しての実施となってしまいましたが、当日は台風一過の青空で、生きものを観察するにはベストコンディションでした。

f0361087_10401587.jpg

まずは、まだ日が沈んだばかりの公園でアブラコウモリの観察。
薄暗い空を飛びまわりながら昆虫を捕える姿を観察したり、バットディテクターという機械を使って、アブラコウモリが出しているピチュピチュ…という超音波を聴いたりしました。

f0361087_10402179.jpg

こちらはアズマヒキガエル。
昼間は落ち葉の下などに隠れていますが、夜になると食べものとなる昆虫を探して歩き回ります。

f0361087_10403027.jpg

そして、すっかり暗くなった公園では、セミたちが羽化を始めていました!
まだ頭が出たばかりのセミもいれば、今にも全身が抜け出そうなセミもいたりと、
様々な状態の羽化を観察することができました。

暑い夏は、夜の生きもの観察もおすすめですよ♪
ぜひ、ご家族でチャレンジしてみてください!


(沖田)

[PR]
by jyohokan | 2018-08-19 19:00

いかくポーズ!

自然園ガイドでも子どもたちから大人気のカマキリ。

よく見られるのはオオカマキリという種類なのですが、
この日は少し変わったカマキリが・・・

f0361087_13521076.jpg

ハラビロカマキリです!

名前の通り、他の種類のカマキリよりもお腹の幅が広く、
敵を''いかく''するときに、おしりを上げた独特のポーズをします。

f0361087_13515406.jpg

個人的にこのポーズが可愛くてとても好きです。

いつもはあまり見かけないので、嬉しい出会いでした!

(沖田)

[PR]
by jyohokan | 2018-08-02 18:20

めだか2018年8月号

情報館通信「めだか」8月号の特集は「ヤブガラシで昆虫観察」!
身近に生えている植物、ヤブガラシ。
その小さな花から出る甘い蜜は、昆虫たちに大人気です。
どんな昆虫がやってくるか調べてみると、自由研究にもなるかも?
詳しくは「めだか」をご覧ください!

f0361087_11453976.jpg

f0361087_11460128.jpg


[PR]
by jyohokan | 2018-08-02 11:47 | めだか