今朝の自然園は・・


とんぼ池で出会ったオオシオカラトンボ。
おなかをヒクヒクふくらませながら休んでいました。

鮮やかな空色と、きらきら光る羽に思わずみとれてしまいます。

f0361087_11011562.jpg



















岸辺にはハンゲショウの花が。白くなった葉が涼しげです。


f0361087_11013089.jpg


















もうすぐ昔の暦で「半夏生(はんげしょう)」ですが、一説によるとこのハンゲショウの葉が半分白くなる(=半化粧)頃、という由来だそう。

ちなみに2017年の半夏生は7月2日なので、一足先に“半化粧”しましたね。

(椎名)

[PR]
by jyohokan | 2017-06-23 15:15

「めだか」7月号


情報館通信「めだか」7月号が発行されました!
自然園の水辺の生きものについて紹介しています。ぜひご覧ください。

f0361087_16154786.png
f0361087_16154177.png

[PR]
by jyohokan | 2017-06-15 16:16 | お知らせ

イネが育っています


自然園の田んぼではイネが育っています。
今年は「コガネモチ」という品種のモチ米に挑戦です。

f0361087_15482758.jpg

このイネは西が丘小学校5年生の皆さんが植えてくれました。
上手に植えてもらったおかげで無事に根が張ったようです。

自然園では、農薬や化学肥料を使わずにイネを育てています。
トンボ池とは異なった浅い水辺の環境も、生きものたちにとって大事なすみかです。

f0361087_15482725.jpg

水の中にはカワニナ。通った跡が迷路のように残っています。
同じ巻貝ではヒメタニシも見られます。

f0361087_15482700.jpg

アメンボも気持ち良さそうにすいすい。

f0361087_15482645.jpg

こちらではガガンボの仲間が一休みしていました。
田んぼでは、他にもドジョウやオオシオカラトンボのヤゴなどを見ることができます。

8月にはイネの花が咲き、10月に稲刈りを迎えます。
自然園ガイドにお越しの際は、ぜひ田んぼの様子もチェックしてみてください。

水面のウキクサ取りは、平日であれば「お仕事体験」として実際にやってみることもできます。
ご希望の方はお声掛けくださいね。

また、余ったイネの苗を玄関前で配布しています。
ペットボトルやバケツがあればご家庭のベランダでも育てられますので、ご希望の方はお早めにどうぞ!


(千葉)


[PR]
by jyohokan | 2017-06-15 15:52 | 情報館ニュース