人気ブログランキング |

ノスリがやってきた!

皆さまこんにちは。
自然ふれあい情報館スタッフの木伏です。

今の時期にしか現れない、とあるアリが自然園や清水坂公園で見られるように
なってきたので、それを紹介しようと思っていましたが、自然園にそれよりも
もっと珍しい生きものがやってきたので、そちらを紹介します。



ノスリがやってきた!_f0361087_12003897.jpg

鳥を撮るためのレンズを持ってきていなかったので、やむを得ず昆虫を撮るための
レンズで撮影しました…。

枝の陰に隠れて分かりにくいですが、"ノスリ"というタカの仲間です。
清水坂公園の上空を飛ぶこともまれにあります。しかし、公園内や自然園の木の枝に
止まって休む姿はなかなか見られません!



ノスリがやってきた!_f0361087_12041067.jpg

しばらくすると、観察しやすい場所に移動してくれました。
雨が降っていたので、雨宿りがてら自然園でひと休み??
その後、荒川のある方角へ飛んでいきました。

意外な生きものとの出会いを楽しんだひと時でした。

話題を盗られる形になってしまったアリについては、次回
ご紹介しますのでお楽しみに!

今回はここまで。
ではまた。
(木伏)



by jyohokan | 2019-10-19 12:21 | 生きもの情報

ミソハギの花とミツバチ

皆さまこんにちは。
自然ふれあい情報館スタッフの木伏です。

自宅でダンゴムシの仲間を飼育し始めたのですが、床材からキノコバエが
大量に出てきて非常に困っています。助けて詳しい人!!

それはさておき、情報館前のミニビオトープでは、ミソハギが元気に
花を咲かせていますが、雨が止んだ日にはハチやチョウなどの
生きものが集まってくる様子が観察できます。


ミソハギの花とミツバチ_f0361087_15073604.jpg



ミソハギの花とミツバチ_f0361087_15094288.jpg


綺麗に咲く"ミソハギ"
この日は花の蜜を求めて、ミツバチが訪れていました。


ミソハギの花とミツバチ_f0361087_17593361.jpg


ミソハギの花に訪れた"ニホンミツバチ"


ところで、皆さんはミツバチにも"セイヨウミツバチ"と"ニホンミツバチ"という、
見た目がソックリなミツバチがいるのはご存じですか?

見分ける方法は、一般的には
「腹が黒っぽいのがニホンミツバチ」、「腹が黄色っぽいのがセイヨウミツバチ」
と言われることが多いですが、色で識別するのは慣れた人じゃないと難しかったりします...

確実に見分けるためには、後翅の翅脈(しみゃく)という翅を支える筋のようなもので
見分ける必要があります。


ミソハギの花とミツバチ_f0361087_18014753.jpg

翅脈が1本多いのが"ニホンミツバチ"
そうでないのが"セイヨウミツバチ" です。
皆さんは違いが分かりましたか??

直接触るようなことをしなければ、ハチの方から襲ってくることはないので、
皆さんも、ミソハギなどの花にミツバチが来ていたら、観察してみてください。
じっくり観察したい方は、情報館スタッフまでお声掛けください!

ではまた。
(木伏)


by jyohokan | 2019-07-19 17:22 | 生きもの情報

皆さまこんにちは。
自然ふれあい情報館スタッフの木伏です。

梅雨入りして雨が続いていたので、自然園の植物などのお手入れがなかなかできませんでしたが、
雨が止んだ日を見計らって、ガクアジサイをお手入れすることにしました。


ガクアジサイの枯れ枝を整理していたら…_f0361087_16275789.jpg

自然園のガクアジサイ。
剪定は花が終わってからなので、今回は枯れ枝を整理するだけです。
最初の枯れ枝をボキッっと折ると、中から予想外の生きものがたくさん出てきました!



ガクアジサイの枯れ枝を整理していたら…_f0361087_16310867.jpg

ヒメアリというアリです。
写真のアリは女王アリで、ガクアジサイの枯れ枝の中に巣を作っていたようです。
ヒメアリは体がとても小さく、働きアリの体長はわずか2mm程度しかありません!


ガクアジサイの枯れ枝を整理していたら…_f0361087_16463114.jpg

小さい!

たびたび家の中に巣を作り、お菓子などに群がってしまうので、
人によってはあまりうれしくないアリでもあったりします。

しかし、ヒメアリは野外では死んだ生きものやフンなどを食べて
掃除する立派な役割をもつので、自然界ではなくてはならない存在の一種類でもあります。

自然園で生き続けられるよう、ガクアジサイの枯れ枝を全部取らずに少し残して、
折ってしまった枝はアリと一緒にそのまま地面に置いておきました。

梅雨が過ぎれば、夏はもう間近です。
アリだけでなくトンボやセミ、カマキリなどの昆虫が
たくさん観察できるようになるので、生きもの観察をするときは
自然ふれあい情報館まで、ぜひ来てください!

ではまた。
     (木伏)




by jyohokan | 2019-06-12 17:06 | 生きもの情報

実りの時期!

皆さまこんにちは。
自然ふれあい情報館スタッフの木伏です。

6月になり、一年の半分まで季節が巡ってきました。
これから気温もどんどん高くなっていくでしょうし、皆さんも
体調には気を付けていきましょう。

さて、今回は自然園の実りをご紹介。



実りの時期!_f0361087_10093217.jpg


"カジイチゴ"の実です。
オレンジ色のつぶつぶが、宝石のようでとてもきれいですね~。
甘くてとてもおいしい!別の実にはアリがさっそくやってきていました。



実りの時期!_f0361087_10121509.jpg


こちらは"ヘビイチゴ"の実です。
名前に ヘビ とついていますが、ヘビは食べません!
実を食べにきた生きものをヘビが狙っていた、などの理由で名前が付いたと言われているようです。
カジイチゴと違い、実に甘みはほとんどないのですが、どんな生きものが食べにくるのでしょうね?




実りの時期!_f0361087_10170235.jpg


最後に"アンズ"の実です。
緑色だった実が、どんどんオレンジ色になっていっているので、あと少しで完全に熟しそうです。
実は甘くておいしい!人だけでなく鳥やチョウなどの昆虫も熟した実にやってきます。

※※※
味の感想を紹介しましたが、自然園に実る木の実や草の実は人間のためでなく
鳥やチョウなどの生きもののためにあります。
毒をもつ実も存在しますので、おいしそうな実を見つけても
絶対に食べないようにしましょう!

今は熟す前の実を一緒に観察できますが、これらの実が完熟して地面に落ちたりすると、
チョウやアリなどの昆虫が集まる様子も観察できます。
同じ場所でも時期が変わると、見られる生きものも変わってくるので、
いろんな時期に情報館へ遊びに来てください!

ではまた
(木伏)

by jyohokan | 2019-06-02 10:30 | 生きもの情報

巣立ちのシジュウカラ

こんにちは。
情報館の西川です。

情報館の巣箱で子育て中だったシジュウカラの速報です。
まずはこちら↓の画像をご覧ください。

巣立ちのシジュウカラ_f0361087_10105502.jpg



























シジュウカラの巣立ち雛です。
ヒナが無事に巣立ちを迎えました!



巣立ちのシジュウカラ_f0361087_11063247.jpg


















↑こちらの親鳥と比べても色合いも淡く、表情もあどけない。う~ん、かわいい!





巣立ちのシジュウカラ_f0361087_10252976.jpg

















    








↑親鳥の声を気にしています。



巣立ちのシジュウカラ_f0361087_10251606.jpg

















      







↑水浴びでもしようかな~という感じ。



これからしばらく親鳥に飛び方や食べ物の見つけ方を習います。
そして一人前になるのです。立派なシジュウカラになってね。


いってらっしゃい!

巣立ちのシジュウカラ_f0361087_10252441.jpg























by jyohokan | 2019-05-19 16:33 | 生きもの情報

はじめまして、こんにちは。
4月より自然ふれあい情報館勤務になりました、西川と申します。
挨拶が遅くなってしまいましたが、お立ち寄りの際はどうぞよろしくお願いします!

今回は自然園で子育て中の鳥を紹介したいと思います。

こちらがその鳥↓
シジュウカラ子育て中です。_f0361087_11063247.jpg

シジュウカラ子育て中です。_f0361087_11071436.jpg




シジュウカラです。

4月中旬にタマゴを確認。
シジュウカラ子育て中です。_f0361087_11071805.jpg






 6個ありました。見えますか?

 コケやイヌの毛を巣の材料にしています。

 フワフワのベッド。暖かそう。





4月終わり頃には虫を運び込む姿も見られるようになりました!無事に生まれたようです。
シジュウカラ子育て中です。_f0361087_10533346.jpg



 そしてこちらはヒナのフン(うんち)
 を巣の外へ運び出す様子をパシャリ📷

 巣の中を汚さない。やはり清潔が一番です。

 ちゃんと育っているようで一安心。

 巣立ちが楽しみです☆

 (西川)

by jyohokan | 2019-05-07 15:26 | 生きもの情報

皆さまこんにちは。
自然ふれあい情報館スタッフの木伏です。

5月になり、年号が平成から令和になりましたね!
年号は変わっても、自然ふれあい情報館は変わらず皆様に、
生きもののことを伝えていきますので、よろしくお願いします!

新年号になっておめでたいですが、ある生きものにもおめでたい出来事が
起きていましたので、ご紹介いたします。


雨上がりの日は結婚飛行!_f0361087_15355031.jpg


見慣れないですが、"ヤマトシロアリ"の結婚飛行です。
結婚飛行とは、アリやシロアリなどがある時期に、たくさんの新女王とオスが
巣から飛び立ち、交尾をして新たなコロニーを作る行動です。

結婚飛行の条件はいろいろありますが、一番の要因と言われているのが
・湿度が高い
・風がない
この2つです。

5月1日は、前日に雨が降って湿度が高く、風もほとんどなかったため、
巣の中にいた新女王とオスが出てきたようです。

しかし、外の世界は危険がいっぱいです。



雨上がりの日は結婚飛行!_f0361087_13310240.jpg

"マミジロハエトリ"につかまったり…




雨上がりの日は結婚飛行!_f0361087_13322671.jpg

"トビイロシワアリ"につかまったり…

巣から数多くの新女王とオスが飛び立ちますが、生き残って巣を作ることが
できるのはごくわずかです。
自然界はキビシイ…

こんな風に、清水坂公園・自然園で見られた生きものの面白い行動を
どんどん紹介していきますので、お楽しみに!

(木伏)

by jyohokan | 2019-05-01 13:36 | 生きもの情報

キビタキがやってきた!

皆さまこんにちは。
自然ふれあい情報館スタッフの木伏です。

今回は、清水坂公園にきれいな野鳥がやってきたのでご紹介します!



キビタキがやってきた!_f0361087_12110686.jpg

"キビタキ" という鳥のオスです。
キビタキは夏鳥と呼ばれる、春に日本よりも南のほうから繁殖のために
飛んできて、秋には越冬のために再び南へ飛んでいく野鳥です。

しかし、清水坂公園では繁殖はしないので、ここには休憩のために立ち寄ったようです。

おそらく、2・3日もしたら移動してしまうと思われますので、
見たい方は、人が少ない午前中に探してみてください!

(木伏)

by jyohokan | 2019-04-27 12:25 | 生きもの情報

春真っ盛り!

皆さま、こんにちは。
自然ふれあい情報館スタッフの木伏です。

気温がどんどん高くなり、植物や昆虫などの成長や活動も活発になってきました。

春真っ盛り!_f0361087_14475679.jpg

足元でひっそりときれいな花を咲かせる"キランソウ"



春真っ盛り!_f0361087_14484305.jpg

花が散り、実が膨らみ始めた"アンズ"



春真っ盛り!_f0361087_14453765.jpg

足元で、巣穴からせっせと土を運び出していた"クロヤマアリ"

他にもオタマジャクシやメダカなど、いろいろな生きものを観察できますので、
GW中も自然ふれあい情報館へ遊びに来てください!
(大きなトンボにも出会えるかも……?)

(木伏)


by jyohokan | 2019-04-24 09:44 | 生きもの情報