真夏のナイトウォッチング 2018


7月29日(日)に、自然教室「真夏のナイトウォッチング」を行いました。

台風の影響で1日延期しての実施となってしまいましたが、当日は台風一過の青空で、生きものを観察するにはベストコンディションでした。

f0361087_10401587.jpg

まずは、まだ日が沈んだばかりの公園でアブラコウモリの観察。
薄暗い空を飛びまわりながら昆虫を捕える姿を観察したり、バットディテクターという機械を使って、アブラコウモリが出しているピチュピチュ…という超音波を聴いたりしました。

f0361087_10402179.jpg

こちらはアズマヒキガエル。
昼間は落ち葉の下などに隠れていますが、夜になると食べものとなる昆虫を探して歩き回ります。

f0361087_10403027.jpg

そして、すっかり暗くなった公園では、セミたちが羽化を始めていました!
まだ頭が出たばかりのセミもいれば、今にも全身が抜け出そうなセミもいたりと、
様々な状態の羽化を観察することができました。

暑い夏は、夜の生きもの観察もおすすめですよ♪
ぜひ、ご家族でチャレンジしてみてください!


(沖田)

[PR]
by jyohokan | 2018-08-19 19:00